「江戸モアゼル」1話あらすじと感想!江戸時代の花魁が現代にタイムスリップ?

「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」 1話の動画配信を無料で見る方法
画像は作品とは関係ありません。

新ドラマ「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」1話のあらすじと感想を書きます!

「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」は、161年前の江戸時代の吉原から平成の時代にタイムスリップしてきた花魁である仙夏が、現代の悩める男女を励まし背中を押していくハートフルラブコメディです。

「江戸モアゼル」第1話は、動画配信サービスHuluで無料で視聴することができます。

今すぐ、下記をクリックしてHuluの公式サイトへ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
目次

「江戸モアゼル」 基本情報

放送局読売テレビ・日本テレビ系
放送時間2021年1月7日より、毎週木曜日23時59分~
原作江戸キリエ(幻冬舎コミックス)
主演岡田結実
主題歌円神-エンジン-

「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」のキャスト一覧については、下記に詳しく記事にしました。

よろしければ、あわせてお読みください。
↓↓↓


漫画「江戸モアゼル」については、下記に詳しく記事にしました。

よろしければ、あわせてお読みください。
↓↓↓

「江戸モアゼル」 1話のあらすじ

フリーターの蔵地(葉山奨之)はある晩、アルバイトの帰り道で、光の先から花魁姿の女性・仙夏(岡田結実)を乗せた大八車が現れ、走り去っていく様子を目撃する。蔵地は一瞬驚くものの、幻覚を見てしまったと気を取り直す。

しかし、蔵地が居候先の叔父の雄彦(田中直樹)の家に帰宅すると、なぜか家には仙夏が!雄彦が、家の前で道に迷っている様子だった仙夏を招き入れたのだと言う。歴女で江戸マニアでもある雄彦の娘・寿乃(山口まゆ)は仙夏の花魁姿を見て大興奮。そんな蔵地家の面々に仙夏は「涼八屋の仙夏でありんす」と自己紹介をする。蔵地は、新手の詐欺師ではないかと怪しんで仙夏を追い出そうとするが、雄彦と寿乃は、これも何かの縁だからと言って仙夏を泊めることに。

翌日、仙夏が外に出ると、周囲の人々は花魁姿に好奇の目を向け、スマホをかざして写真を撮ろうとする。初めて見る事ばかりの光景に仙夏は怯え「一体ここはどこなんだい!?」と困惑。一方、図書館で仙夏の事を調べていた寿乃は、仙夏とよく似た花魁が描かれている江戸時代の花魁道中の浮世絵を見つける。仙夏は江戸時代の安政7年、吉原で伝説を残した本物の花魁だったという事を知る。

どうしたら江戸に帰れるのかも分からない仙夏だったが、しばらくここにいるしかないと覚悟を決め、蔵地が働くカフェでアルバイトをすることを決心。カフェでは吉原の花魁流の接客をする仙夏に、蔵地は慌てふためく。

そんな中、蔵地が密かに想いを寄せる友人・泉美(吉谷彩子)が訪れる。蔵地の恋心に気付いた仙夏は「相手の心をつかむことにかけて、あたしの右に出る者はいないからね」と、二人の仲を取り持つと宣言。仙夏は、花魁のテクニックを駆使した作戦を開始する…!令和に舞い降りた花魁を中心に恋の物語が動き出す!

読売テレビ公式サイトより

「江戸モアゼル」 1話の感想

まずは、原作(漫画)とは、だいぶ違うなあ~~、というのが第一印象です。
原作では、江戸時代から平成の現代へタイムスリップしてくるのは、仙夏(岡田結実)含めて3名でしたが、ドラマでは仙夏のみ。

但し、ドラマ仕立ての脚本は、おもしろく仙夏の姉御肌全開でお人よしする姿に胸が打たれました。

\ ネツト上の感想 /

「江戸モアゼル」 2話のあらすじ

仙夏(岡田結実)は、泉美(吉谷彩子)の会社の社長・鳥居(前田公輝)が江戸での思い人だった直次郎に違いないと思い興奮を隠せない。直次郎と瓜二つな鳥居を見て、「私はもう一度、直次郎さんと巡り合うためにこっちに来たんだよ」と熱く語る仙夏に蔵地(葉山奨之)は、名前も違うし人違いだろうと取り合わない。一方、寿乃(山口まゆ)は、仙夏と一緒に直次郎が現代に来ていてもおかしくないと言う。

読売テレビ公式サイトより

「江戸モアゼル」 1話の動画配信を無料で見る方法

「江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜」1話の動画配信は、動画配信サービスHuluで無料で見ることができます。

Huluで無料で見る方法についての詳細は、下記の記事をご参考下さい。

「江戸モアゼル」第1話は、動画配信サービスHuluで無料で視聴することができます。

今すぐ、下記をクリックしてHuluの公式サイトへ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中




本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

目次
閉じる