「江戸モアゼル」6話のあらすじと感想!ついに蔵地が仙夏へ想いをぶっけるのか?

「江戸モアゼル」6話のあらすじと感想!ついに蔵地が仙夏へ想いをぶっけるのか?
画像は作品とは関係ありません。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁が、令和で恋する「江戸モアゼル ~令和で恋いたしんす。~」6話のあらすじと感想を書きます。

「江戸モアゼル」1話から最新話まで、動画配信サービスHuluで無料で見ることが出来ます。

今すぐ「江戸モアゼル」を無料で見るには、下記をクリックしてHulu公式サイトへ
↓↓↓

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中
目次

江戸モアゼル 基本情報

放送局読売テレビ・日本テレビ系
放送時間毎週木曜日23時59分~
原作江戸キリエ(幻冬舎コミックス)
主演岡田結実
主題歌円神-エンジン-「Say Your Name」

江戸キリエさんが書いた原作の漫画「江戸モアゼル」はebookjapanで無料で読むことができます。

無料で読む方法は、下記の記事に詳しく書きました。よろしければ、お読みください。
↓↓↓

江戸モアゼル 6話のあらすじ

仙夏(岡田結実)を追って、江戸からタイムスリップしてきた長兵衛(一ノ瀬颯)が現れた。

「一緒に江戸に戻ろう!」と仙夏に言う長兵衛。東京での暮らしが楽しくなっていた仙夏だが「さらば、令和。さらば、東京だよ」と、江戸に戻る決意をする。

カフェ“蔵”を辞めることになった仙夏の送別会が開かれ、仙夏ゆかりの人々が集まった。

にぎやかな宴の最中、泉美(吉谷彩子)と鳥居(前田公輝)は仙夏から、タイムスリップしてきたと聞かされる。

寿乃(山口まゆ)は、江戸に帰ってほしくないと仙夏を引き留める。一方、泉美は「時代が違う人が令和に居続けるべきじゃない」と告げる。

そんなやりとりを聞いていても、蔵地(葉山奨之)は何も言えずにいた…。ところが、送別会は長兵衛のある一言で突如幕を閉じる。

読売テレビ公式サイトより

江戸モアゼル 6話の感想

江戸モアゼル 見逃し動画を無料で視聴する方法

「江戸モアゼル」1話から最新話までの見逃し動画は、動画配信サービスHuluで無料で見ることができます。

Huluで無料で見る方法についての詳細は、よろしければ下記の記事をご参考下さい。
↓↓↓

今すぐ「江戸モアゼル」を無料で見るには、下記をクリックしてHulu公式サイトへ
↓↓↓

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中


本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況はHulu公式サイトにてご確認ください。

目次
閉じる